キャッシュパスポートのメリットとデメリット

考える女性

キャッシュパスポートのメリット・デメリット

キャッシュパスポートとは、海外での買い物に利用できる発行手数料や年会費が無料の磁気カードのこと。ようはプリペイドカードのことです。

さて、あなたは、このキャッシュパスポートのメリットとデメリットを理解しているでしょうか?

メリットを知らなければ便利な物でも活かすことができませんし、デメリットを知らなければ損をしてしまいます。

そういうわけで、以下ではキャッシュパスポートのメリットとデメリットをご紹介したと思います。

では、メリットからご説明します。

キャッシュパスポートの発行には、クレジットカードのような診査が不要です。

そのためキャッシュパスポートの場合は、仕事をしていなくても良いし年齢制限もなく誰でも持つことができます。

手元に届くのも早いです。診査が不要ということで無職の学生や主婦の方でも使うことができるのはありがたい点ですよね。

また、チャージ(入金)した金額以上は使うことができないため、クレジットカードのようにお金を使いすぎてしまうようなことにならず安心ですし、また、盗難にあったとしても、入金額以上の被害となることがありませんので安心できます。

次にご紹介したいメリットとしては、キャッシュパスポートを持っていると、海外で大きなお金を持ち歩かなくても良いという点です。

海外に行くとある程度の大きなお金を持っていなければ不安ですが、大きなお金を持ってウロウロ歩くのも不安なものです。そこでキャッシュパスポートの出番です。

日本でお金(円)をチャージ(入金)しておくと、そのお金を海外で使うことができるため、大金を持ち歩く必要がないのです。

手ぶらの女性

キャッシュパスポートがあれば、マスターカードの加盟店で買物することがでいます。現金は不要です。レジでキャッシュパスポートを一枚を差し出すだけで支払いをおこなうことができるということです。

キャッシュパスポートがあれば、言葉が通じなくても清算することができるという点もメリットです。

また、なかにはマスターカードが使えないお店もあります。その場合は、ATMで現地通貨を引き出して使うという使い方もできます。

さて、ここまではキャッシュパスポートのメリットについてお話をしてきましたが、キャッシュパスポートには、デメリットもあります。

チャージの際に、1%ほどですが手数料が差し引かれるのです。つまりチャージされるお金は、支払ったお金よりも少なくなるというわけです。

また海外から帰国した際にキャッシュパスポート内にお金が残っていた場合には、それを再び現金にしてもらうことができます。その際にも手数料が差し引かれます。

とはいえ手数料は小額ですし、その小額の支払いで海外での買い物時の様々な手間を省くことができるのですから、安いものであると言えます。

というわけで、キャッシュパスポートは、年会費も不要でつくれますので、ぜひ1枚作っておきたいものです。

クレジットカード2枚

■クレジットカードのおすすめは?

クレジットカードをもし1枚だけ持つとしたら楽天カードがおすすめです。

なぜなら以下のようなメリットがあるからです。

・入会するだけで数千円のポイントがもらえる
・入会費も年会費も必要ない
・保険が付帯されている
・買物をするとポイントが付く
・ポイント還元率が高い
・ポイントは楽天市場ですぐに使える

凄いですよね!

参考:楽天カードの基本情報

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ